にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レターボックス収録のDVD映画を拡大して視聴する
普通にプレイヤーで再生すると上下左右に黒帯の付いた額縁で再生されてしまう。
TVの機能を使って拡大してみると上下左右が微妙にカットされ、字幕は半分しか見えない…
16:9が当たり前となった今では、困った存在のレターボックスです。マイナーな旧作映画にありがち。

PCで再生するならプレイヤーの機能で拡大縮小をするのもありですが、
その機能を持たないプレイヤーを使う場合はどうするか。

まずTVの機能でズーム表示を使います。次にメディアプレイヤーをウィンドウモードにしてDVDを再生します。
TV画面に合わせてプレイヤーのウィンドウサイズを調節すれば、収録映像に合わせたピッタリのサイズで再生できます。
アナログな方法ですが、簡単で効果的でした。

DVD.png
赤枠内がTV画面で表示される部分


スポンサーサイト
Windows7のエクスプローラ左側のツリーがずっとシーク状態になる問題 一応解決?
最近、Windows7のエクスプローラに異常が出ました。以下のような状態です。

マイコンピュータ

・アドレスバーにシーク状態を表す緑色のバーがずっと出ている
・左側のファイルツリーには「お気に入り」「デスクトップ」などに虫眼鏡が表示され、
 以下のファイルツリーが表示できない
・マイコンピュータを開いても何も表示されない

エクスプローラの表示の問題以外は正常で、HDDやフォルダにはショートカットからアクセスできるので
ハードウェアの異常ではないようです。また、ほかのファイラーからは異常が見られません。
様々なショートカットからエクスプローラを複数個開くと一時的に治りますが、再発します。OS再起動でも同様。

検索キーワードがわからず、ハッキリとした解決方法はみつけられませんでしたが、
破損ファイルやUACが関わっているような感じです。


▼以下、解決方法

この問題、自分の環境では縮小版のキャッシュが原因だったようです。
フォルダーオプションの「常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない」にチェックを入れ、
エクスプローラを数回開いたら安定しました。

クリップボード01


結局、そもそもの原因が何なのかはわかりませんでしたが、対処方法の一例としてメモ代わりに。

発現時期が少しズレているので濡れ衣かもしれませんが、HDDの掃除をする際に導入したCCleanerがちょっと怪しい。


2014/06/27追記
しばらく上記の対処法で使っていましたが、縮小版が恋しくなったので試しに元の設定に戻してみたところ、問題なく使えるようになっていました。ファイルの整理をしているうちに破損ファイルを削除したのかもしれません。
結局、原因はわからずじまいでしたが、時が解決してくれたということで。そういうこともありますよね。

2014/07/03追記
再発。原因は不明です。結局また設定しなおして使うことに。うーん…。
XPと7の共有トラブル(解決の一例)
状況
・XP機のフォルダを共有設定して7機からアクセスしようとしたら、「アクセス権限がありません云々」と言われる。
・共有設定は何度かやっていて、同じXP機の別のフォルダは共有できていて7機からアクセスできる。
・HDDを交換して同じドライブ文字を使っているのでそのへんが影響しているかも。

以下解決手段
XP機で共有したいフォルダの プロパティ>セキュリティ>Everyone を選択
アクセス許可のチェックボックスを見ると「特殊なアクセス許可」しかチェックが付いていなかったので、
とりあえず「フルコントロール」にチェックを付けたら7機からアクセスできるようになった。
ちなみに、使用しているOSは XP Pro SP3。

まあ…、メッセージの通りアクセス権限がなかっただけというオチ。あ、7は関係ないなコレ。
類似画像の処分ソフト
エロ画像をまとめてダウンロードしてたら、同じのが結構混じってた。
そんなわけでファイル整理をしようと思ってフリーソフトを探したら良いのがあったのでメモ。

類似画像検出ソフト DRE
http://www.windproject.sakura.ne.jp/thisnor/dre/

複数フォルダの一括処理、比較条件の設定可能、削除前にプレビュー可能、削除ファイルの条件も細かく指定できて一括削除可能。しかも高速。これさえあれば言うことないってくらい素晴らしいソフト。
MPC-HCのティアリング改善のためにやったこと
VFRでエンコードしたx264動画の60p部分でカクつきが出ていたので、
改めて動画再生環境を見なおしてみました。

OS:XP
ビデオカード:Radeon HD 5500
プレイヤー:MPC-HC 1.5.1.2903
スプリッター:Haali Media Splitter
デコーダー:MPC-HCデフォ+場合によってffdshow オーディオデコーダー
レンダラ:VMR-9(レンダーレス)

手をつける前はビデオデコーダーにもffdshowを使っていたのですが、
DXVAを使ったほうが良かろうと思って外しました。
そうしたら今度は画面にうっすらと縦縞が出るようになったり
60pが余計がくがくになってしまったりと色々面倒なことに…。

縦縞の件はATIのCCCから「デノイズ」「ダイナミックコントラスト」のチェックを外す事で解決。
60pのカクつきに関しては、色々弄ったので結局どれが原因なのかわからない。おそらく、MPC-HCで「代替の垂直同期」にチェックを入れることで改善した。
最後にティアリング。MPC-HC「フラッシュの待機」にチェックを入れたら出なくなったっぽい。
おまけとして、再生環境をCPUからGPU依存に移した事で音声をSPDIF出力する際の音飛びが改善された。
動画再生にCPU負荷がかかって音声出力が安定しなかったんだと思う。

これで心安らかにアニメを見られる環境が整った。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。