にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MPC-HCのティアリング改善のためにやったこと
VFRでエンコードしたx264動画の60p部分でカクつきが出ていたので、
改めて動画再生環境を見なおしてみました。

OS:XP
ビデオカード:Radeon HD 5500
プレイヤー:MPC-HC 1.5.1.2903
スプリッター:Haali Media Splitter
デコーダー:MPC-HCデフォ+場合によってffdshow オーディオデコーダー
レンダラ:VMR-9(レンダーレス)

手をつける前はビデオデコーダーにもffdshowを使っていたのですが、
DXVAを使ったほうが良かろうと思って外しました。
そうしたら今度は画面にうっすらと縦縞が出るようになったり
60pが余計がくがくになってしまったりと色々面倒なことに…。

縦縞の件はATIのCCCから「デノイズ」「ダイナミックコントラスト」のチェックを外す事で解決。
60pのカクつきに関しては、色々弄ったので結局どれが原因なのかわからない。おそらく、MPC-HCで「代替の垂直同期」にチェックを入れることで改善した。
最後にティアリング。MPC-HC「フラッシュの待機」にチェックを入れたら出なくなったっぽい。
おまけとして、再生環境をCPUからGPU依存に移した事で音声をSPDIF出力する際の音飛びが改善された。
動画再生にCPU負荷がかかって音声出力が安定しなかったんだと思う。

これで心安らかにアニメを見られる環境が整った。
スポンサーサイト
Aviutlでavsファイルが開けない場合
AviUtlでAVSファイルを開く
http://www.avisynth.info/?AviUtl%A4%C7AVS%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%F2%B3%AB%A4%AF

・avsinp.auiが入っていない→入れる
 Aviutlでavsファイルを開くために必須。↓warpsharpパッケージに同梱されてます。
http://www.avisynth.info/?%A5%A2%A1%BC%A5%AB%A5%A4%A5%D6

・DGIndexを起動し、メニューバー>ヘルプ>VFAPIプラグイン にチェックを入れる
 これでVFAPIプラグインがインストールされ、avsファイルを開くことができるようになります。
iTunesライブラリやプレイリストの移行について
iTunesのメニューからエクスポートというのが一応選べますが、
ある意味一番大事なレート設定やスマートプレイリストの情報は保存されないので使う意味がないです。

ではどうするのかと言うと、なんとも単純な話ですがフォルダのコピーで完璧に移行できます。
コピーするのは、マイドキュメント>マイミュージック>iTunes というフォルダです。

バックアップ等の必要がある場合は、これを別の場所にコピーしておいて、
再インストール等が済んでから該当の場所に移せば完了です。


今回、ちょっとしたトラブルの解決のためにプロファイルを新たに作り直したのですが、
このiTunesの他にもOperaブラウザ(メールも)の環境移築とかそれに伴うパスワードリセットだとか、
OSインストールディスクを作った時にフォントを弄っていたらしく、本来のフォントに戻す作業などをちまちまと
行うハメになって大変面倒な思いをしました…。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。