にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自動VFR化補助ツール DupMC2Def

DupMC2Def

どんな映像ソースも自動的にフレームレートとプルダウン周期を判別するVFR化/CFR化ツール
目標にして作ってます。

ダウンロード
DupMC2Def 0.2.3.2 (2013/11/12)

主な機能

フレームレートの判定

24/30/60fpsの判定、各プルダウンの周期判定が可能

「Bob化したフレーム間の差異」と「縞」の2つの視点からフレームの状態をチェックすることで、フレームレート判定の確実性を高めています。
また、テレシネのパターンを正確に判別し、それにマッチする適切なマニュアル間引きを割り当てて
プログレッシブフレームを復元できます。

処理可能なパターン : 23プルダウン, 2332プルダウン, 2224プルダウン(縞なし24), 30fps(縞なし/縞あり), 60fps
例外的な処理として、残像24/60fpsの混合ソースもある程度は判別可能

プルダウン


周期変化点の間引き

Bob化したフレームから動きを検知し、必要なフレームのみを取り出す
周期判定に頼らない間引きが可能


「パターンに当てはまらない5フレーム」を検出した場合は該当フレームをBob化し、動きを検知したフレームを抜き出して24P化できます。※DupMC2Defは5フレーム単位でパターンの判定を行っています。
なお、5フレーム中に5コマ以上の動きが検出される場合は、シーンチェンジ直前のコマを間引くことで4コマに落とす事も可能です。

同じフレームのダブりや、コマ飛びが無いようにしているので、
動きの激しい部分での周期変化も確実に24P化します。
2224プルダウン(縞なし24)の周期変化にも対応。シーンチェンジ直前のフレームを間引きます。

周期


Trim

カット編集後のDefファイルを即座に出力可能

予めフレーム解析を済ませておけば、
Trim値を適用することでカット編集した範囲のDefファイルを出力できます。


出力結果の補正

オプションを適用することで出力結果を補正可能

・ノイズによるパターン判別不能な区間を無視する
・同一周期内の60fpsを無視する
・24fps以外の部分を強制的に24fps化する
・指定したフレームレートを使用しない
・動きのないシーンで優先的に使用するフレームレートを選択可能
 ほか


そのうちNTSC→PAL(25fps)の周期判定&マニュアル間引きも対応予定。
PALソース自体が少ないので限定的なものになりそうですが。



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。