FC2ブログ
にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TFMのメモ
注 私は英語がよくわからないので、エキサイト翻訳を利用したり思い込みで書いてますので
  かなり間違えていると思います。
  私的なメモなので、間違いを前提として見ていただければ幸いです。というか見なくてもいいです。


自動VFRプログラムを使用してみたところ、
DVDのスタッフロールでTFMがうまく機能してくれないのでいろいろと試してみました。

インターレース判定の仕組みはたぶん
cthresh でコーミングと判断するための一定の基準を決め、blockx/blockyの枠に入るコーミングがMI値を上回ったら、そのフレームはインターレースだと判定する。みたいな。



以下オプションの覚書き

PP [Default:6]
コーミングの処理方法
0 処理しない
1 コーミングを見つけた範囲を表示する
2 ブレンド
3
4
5
6
7

cthresh [Default:10]
コーミングを検出する視覚的な閾値。小さくするとコーミングが検出されやすくなる。
-1~255 有効とされるのは 8~12

blockx / blocky [Default:16]
コーミングを検出する範囲。PP=1をプレビューしてみるとわかりやすい。

IM [Default:85]
コーミングと判定するピクセル数。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sasamisi.blog24.fc2.com/tb.php/198-1b9952c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。