FC2ブログ
にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DeDupを使った自動VFR DupMC2Def
★仕様が変わったので、ここに書いてある事はあんまり参考にしないでください。
使い方はreadme.txtの中に書いてあります。

DupMC2Def


・DupMC2Def
DupMCのログを入力すると、同じ場所にIts用のdefファイルを出力する。
使用例:DupMC2Def.exe "C:\dupmc_log.txt"

・DeDup
http://www.avisynth.info/?%A4%BD%A4%CE%C2%BE%A4%CE%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3#o4cd9a6e
DupMC 隣接するフレームを比較してログを出力するフィルタ。

このログを利用してフレームレートの判定を行う。
DupMCを使う前にbob化が必須です。

1pass avsサンプル
LoadPlugin("ReduceFlicker.dll")
LoadPlugin("DeDup.dll")
MPEG2source("datafile.d2v")
Trim(0,100)
Bob().ReduceFlicker(strength=3)
FFT3DGPU(sigma=8,plane=0)
FFT3DGPU(sigma=8,plane=3)
DupMC(log="dupmc_log.txt")


放送波の場合、シーンチェンジ前後などでノイズが出るので、それを拾って60pと誤爆するケースが多い。
そのノイズ緩和の目的でFFT3DGPUを使う。
使わなくても60pの箇所が増えるだけなので、動きの面では特に問題ないはず。
どちらにしろ、酷いブロックノイズが出た場合はどうしようもない。

DGIndexNVを使える場合は使った方が早い。ついでにcropやリサイズをすると一石二鳥。
なお、この場合ソース入力の時点でbob化を行うのでTrim値がそのまま使えず、
ちょっと補正が必要。(このへん適当

1pass avsサンプル(DGNV) *BSアニマックスではCMでズレが出るので注意
LoadPlugin("ReduceFlicker.dll")
LoadPlugin("DeDup.dll")
DGSource("datafile.dgi", deinterlace=2, resize_w=1280, resize_h=720)
DeleteFrame(0)
Trim(0*2,100*2+1)
ReduceFlicker(strength=3)
FFT3DGPU(sigma=8,plane=0)
FFT3DGPU(sigma=8,plane=3)
DupMC(log="dupmc_log.txt")
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sasamisi.blog24.fc2.com/tb.php/235-12ca61c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。