にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DupMC2Def 0.1.2.10
※この記事は古いものです。最新の記事はこちらから。
DupMC2Def


DupMC2Def 0.1.2.10

2012/04/24 0.1.2.10
・動き判定で thr4 以上 thr 未満の値が続く場合、フレームに動きがあると判定するようにした。
・フレームレート判定規則の修正。
・BSmodeのバグ修正。


雑記
thr4 の値はデフォルトで 2.0 。thrの値に引っかからない60fpsの動き、例えば文字の小さいスタッフロールの出だしや終い、暗いシーンのパンなんかを拾いやすくなります。
デメリットはノイズなどで画面が荒れてる部分を60pと誤判定しやすくなる事ですが、アプコン縞のあるようなソースじゃなければ2.0で問題ないはず。
BSmodeのバグは、特定の条件下であからさまに間違った結果を出力するというものなので、パッと見問題なければ発生してないです。たぶん。

"[60] FI" は "[60]" よりも確実性のある60fps区間です。いままで触れてなかった気がするので今更ながら説明。


解析用avsは縞検出の前に横リサイズをかけるようにすると少し早くなります。
IsCombedTIVTC の閾値はまだ調整の必要があるかも。

BilinearResize(960,last.height)
writefilestart("combed_log.txt", """ "header" """)
writefile("combed_log.txt", "current_frame", """ "," """, "IsCombedTIVTC(MI=160,blockx=16,blocky=32)")
Bob()
BilinearResize(last.width,540)
ReduceFlicker(strength=2)
Blur(1.0)
DupMC(log="dupmc_log.txt")

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sasamisi.blog24.fc2.com/tb.php/255-856dc123
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。