にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お姉ちゃんが来た」を間引く
ぶっちゃけTDecimate(mode=1)でもいけるという事実…

「お姉ちゃんが来た」は4話あたりから真っ当なプルダウン処理がされず、残像が出てしまっています。
それを「縞なし24」として間引くための(大雑把な)設定を書いておきます。


個別に用意したiniファイルの該当箇所を以下のように変更します

thr=15.0 残像に引っかからないよう、閾値をおもいっきり上げます

Range=1.0 閾値を上げたぶん、ここである程度フォロー

Dp01=SelectEvery(5, 0, 2, 3, 4) フレームの取捨選択をちょっと変更。※Dp01なら0と1がダブリです。
Dp12=SelectEvery(5, 0, 1, 3, 4) 
Dp23=SelectEvery(5, 0, 1, 2, 4) デフォルトでは後のフレームを取りますが、
Dp34=SelectEvery(5, 0, 1, 2, 3) 今回は残像が乗っているので前を取ります。
Dp40=SelectEvery(5, 1, 2, 3, 4)

Enable2224PullDown=true 縞なし24の間引きを有効に。


とりあえずは、この設定で間引けます。
thrを上げると周期変化直後の細かい箇所で誤爆しますが、このソースはそんなに変化しないのでたぶん大丈夫です。
Rangeについては説明が難しいので、下に図を用意してみました。

range
でかすぎた。
山は各フレームのdiff値、一番下の線が0を表しています。すきまは無視してください。

解説。一定区間のフレームをthrで判定し、1つも引っかからなかった場合にRangeが作用し
thrの値をRangeのぶん下げて再度チェックします。
それでもダメなら、さらに下げてチェック。
これを繰り返していきますが、下限を設けないと全く動きのないシーンでも引っかかってしまうので
Minで下限を設定します。
今回Minは変えていませんがMinにかぶるまでRangeが働くので、
この設定ではMinが2.0でも1.5でもthrの下限は1.0になります。
MinをRange以上の値にするとthrが0まで下がってしまうので注意。

本来は些細な動きを拾うためのオプションですが、意外な形で役に立ってくれました。
スポンサーサイト

コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/05/04 13:02] | # [ 編集 ]

Re: こんにちは
まず、基礎的なことから書きます。

-d だけでは正確なデータを得られないので、-d -c オプションは併用推奨です。
-t のオプションは縞検出のMI値を調節する事 だけ が目的です。MIはblockx,blockyの範囲内に出る縞の量を示す値です。
ここで使う -c (IsCombedTIVTC) と -t (TFM) の違いは、MI値を解析前に指定するか解析後に指定(調節)するかというだけです。
IsCombedTIVTCよりもTFMの方が処理が重いので、指定すべきMI値がわかればTFMを使うメリットはありません。

なおblockx,blocky以外の値をいじると全く意味のないデータになってしまいます。使う場合はsample.avsに書いてあるものをそのまま使ってください。
ほかのフィルタに関しても、特に理由がなければsample.avsの記述のまま使うことを推奨します。
BilinearResizeもBobもBlurも理由があってそれを使っています。



以上を踏まえた上で松太郎の話になりますが、
松太郎は(とりあえず手元にある5話は)24/60の混合で、24の中にも23プルダウン/2224プルダウン/2332プルダウンが混在している特殊なソースです。
2332プルダウンと2224プルダウンを間引くためにはiniファイルの設定を
Enable2332PullDown=true
Enable2224PullDown=true
とする事が必要です。

Adjust24Modeを使わない場合、24fpsの周期の変わり目で帳尻が合わなくなるので60か30fpsが挿入される事が増えます。

テレ朝ソースでは左上に時刻が出るので、時刻表示を隠さないと数字の動きも検出してしまいます。
隠す場合は下記のようなものを縞検出の前に記述して時刻を潰します。
...
BilinearResize(960,last.height)

blank=BlankClip(width=170,height=140)
Overlay(blank,x=45,y=50,opacity=1)

writefilestart("combed_log.txt", """ "header" """)
...


また、解析データからの間引きを適用すると周期の変わり目などで縞が出てしまうことが結構あるので、Its適用直後に以下のような条件フィルタを噛ませることがほぼ必須です。下記の例では広域に縞が見つかったフレームをBobフィルタ(yadif)でインターレース解除しています。
...
Its(def = "time.def", fps=-1, output = "datafile\timecode.tmc")

#縞の見つかったフレームでは片方のフィールドを選択
Field2=yadif(Mode=1).SelectEven()
ConditionalFilter(last,Field2,last,"IsCombedTIVTC(blockx=512,blocky=512,MI=100000)","=","true")

Spline36Resize(1280,720)
...
ソースによってはblockx,blockyの範囲を狭めてMIを調節し、縞の除去を優先すると良いかと思います。


あとRange=0.5くらいにしたほうが良いかもしれません。



だらだらと書いて長文になってしまいましたが…
sample.avsのフィルタで解析して2332PullDownと2224PullDownを有効にし、Its後にフィルタをかませれば、概ね問題なく間引けるかと思います。
[2014/05/04 22:34] URL | ささみし #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2014/05/06 19:25] | # [ 編集 ]

Re: Re: 早速の解説有難うございました
正直なところ、松太郎みたいな周期もクソもないテレシネだと、どうしたって判定漏れは出ます。

5000-のスクロール部分は自分も確認しています。
スローな60fpsスクロールの上に、映画フィルムのような画面効果が24fps素材で乗っかっているため誤爆するようです。

色々試してみた結果、 DefaultFPS=60 で大体のシーンがうまくいくように思います。


> もうひとつは主に動きのある部分が二重化されている感じです。
> 生成されたdefを見ると、動きが無いところでDW013等で24化する指示が出ており、これが周期変動等で動きが出るフレームに差し掛かると、動く前のフレームと動いた瞬間のフレームの片フィールドづつを持ってきているような感じです。
> 単に二重化されているだけのようで縞がでないようです。 このため、IsCombedTIVTC、AntiCombにも検出されず、目視確認のみなのでツライです。

これに関しては私の環境で確認できませんでした。
フィールドのズレ、インターレースの解除ミスなら必ず縞が出ます。その場合の対処なら
Its後の縞検出をより厳密にして
Field2=yadif(Mode=1).SelectEven()
ConditionalFilter(last,Field2,last,"IsCombedTIVTC(MI=160,blockx=16,blocky=32)","=","true")
とでもしておけば、少なくとも縞は潰せます。
言葉の通り二重化している(縞が出ない)のであれば、ソースの段階で出ているものなのでどうしようもないです。
添付された画像はリサイズ後のようなので、単にリサイズで縞が潰れているだけのような気もしますが…。

それと、画像にABCのロゴが見えるのでテレビ朝日ではなく朝日放送?ではないでしょうか。関東と関西では放送局が違うので、ソースが違うこともあるかもしれません。

あと気になったのは Start-Frame.jpg でCMが片フィールド入っている事。そういうフレームを使うための処理をしているとフィールドがズレたりするかもしれません。私はCMと被ったフレームは切り捨てます。
[2014/05/06 21:56] URL | ささみし #- [ 編集 ]


無事解決いたしました。お忙しい中、検証とアドバイスをいただき有難うございました。

> フィールドのズレ、インターレースの解除ミスなら必ず縞が出ます
仰るとおりでした。
原因はご指摘の通り、当方が縞チェックをリサイズ後に掛けていた為でした。

どうやっても縞は出るので、アドバイスいただいた通り
IsCombedTIVTCでの縞検出を厳しくしたところ無事解決いたしました。

DefaultFPS=60も試してみましたが、すごくいい感じで少し嬉しくなりますね。

丁寧に教えていただき有難うございました。
[2014/05/07 07:02] URL | pdding #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sasamisi.blog24.fc2.com/tb.php/274-0c58b194
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。