FC2ブログ
にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多局ブレンドでクリップ間に差異があるとき一方のクリップに上書きを行う - OverDiff (その2)
特に改良もしてないですけど、上手いこといったので。

TXとBSJの「テレビから離れて」テロップはフェードするので輝度差判定がしにくいのですが、
OverDiffのfilterを判定、filter2を上書き領域として分担することで概ねカバーできました。
具体的には、テロップの「テ」の上の棒部分だけをfilterで比較し、テロップ全体を覆う領域をfilter2として記述します。
TX=OverDiff(TX,BSJ,"crop(428,104,28,6)",28,6,"crop(400,40,1120,250)",400,40)

-1.png

それでもテロップ出現1フレーム目↑は薄すぎて拾えません。
でも2ソースを合成する際に使用するFlexibleMergeは、コーミングチェックによりノイズの判定をしているので、フェード効果によって発生するインターレースの影響で結果的に消えます。↓

2.png

位置固定で出てくるテロップはこの方法でほとんど消えてくれると思います。


残すところはBS11の赤いやつ。フェードする上に動くので、領域を絞って判定する事ができないし、
色も暗くて輝度差も取りにくいので、今のやり方では難しそう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sasamisi.blog24.fc2.com/tb.php/303-53672c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。