FC2ブログ
にわとり遊び
PC関連とエンコードの覚書き
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2つのクリップの開始位置を合わせる - Adjust2clip
※記述ミスがあったので修正

前記事のstacksubtractの出力結果から開始位置を合わせる関数です。
2つのクリップの開始フレーム位置を確認する - stacksubtract

function Adjust2clip (clip clip1,clip clip2,int n) {
clip2=(n==0) ? clip2 : (n>0) ? (n==1) ? clip1.Trim(0,-1)++clip2 : clip1.Trim(0,-1+n)++clip2 : clip2.Loop(0,0,-1+Abs(n))
clip2=Merge(clip1,clip2,1)
return clip2
}


clip2=Adjust2clip(clip1,clip2,0)
stacksubtract(clip1,clip2,1)

stackbs11.png

出力が上図であればn=1で開始位置が合います。
clip2=Adjust2clip(clip1,clip2,1)
stacksubtract(clip1,clip2,1)
スポンサーサイト

コメント

2013年10月スタートの夜桜四重奏~ハナノウタ~から知り合いに教わって多局合成をやるようになった者です。
こちらだとこんな感じで合成やっているのですね。私たちの方法とかなり違っていて、さらには関数化されているのがびっくりです。

こちらのように綺麗にまとめているところがない代わりに、原始的な平文なおかげでそのavs見れば
それなりにわかるようにはなっています。でも手間も原始的な分かなりかかりますが・・・
合成も当方は50:50が基本ってところや自動24p化のスクリプト、リサイズフィルタなどなど細かいところもかなり違うので、
こんなやり方もあるのかと楽しく見させてもらいました。

大抵のことは別のやり方でやっていたのですが、ノイズの検出箇所にマスクをかけて限定的にブレンドを行う関数ってのは
なかったのですごいなーって感動しました。私たちのやり方に改変した場合どう作るか・・・
そうそう、当方のavsだとパッチエンコード一発でVFRが出来るようにEasyVFR使用していますよ。
[2015/03/26 20:36] URL | #- [ 編集 ]


ブレンド自体を最近知ったので、「そういうのもあるのか」という感じでした。
自分の場合、1つに時間をかけるのがイヤなので、画質の向上よりも簡略化が優先ですね。
ブレンドに手を出したきっかけは、テロップ消したりできるので便利ってところだった気がします。

他人の作ったスクリプトや関数はとても参考になるので、いろんな人が自分のやり方を公開してくれれば楽しいのになあ、といつも思ってます。
[2015/03/26 21:02] URL | ささみし #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://sasamisi.blog24.fc2.com/tb.php/308-4cb3439e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。